弁護士に相談したい事の最近のブログ記事

交通事故被害にあった場合、自分で相手側が加入している任意保険の会社と話し合うより、弁護士に依頼して交渉した方が示談金を多く受け取れます。

また話し合いの期間も短くてすみます。交通事故にあった場合、加害者側が加入している任意保険の保険会社と治療費や示談金についての交渉を行う必要がありますが、そういった事は弁護士に依頼した方がスムーズに片付きます。
保険会社と交渉するといったことは通常の生活ではほとんどない事なので、専門知識がないと相手が提示してきた金額を受け入れてしまう人がほとんどです。しかし保険会社が提示してくる金額は交通事故裁判の判決で決められた金額よりかなり低い場合が多いのです。交通事故に関しての専門的な知識がある弁護士に依頼すれば、裁判基準の示談金をベースに相手側と交渉してもらえるので、自分で行うよりも多い金額を受け取ることができます。

また早く決着がつくので、それだけ早くお金を受け取れます、ケガの治療をしていたり入院している場合には、保険会社と話し合う時間を作るのも大変な場合があります。
治療に専念するためにも弁護士に依頼した方が楽です。交通事故に関する相談は無料で受け付けている弁護士も多いので、費用のことは気にせず相談できます。

交通事故を起こしてしまった時、人身事故の場合は特に話が難しくなってしまいがちです。
そんな時に頼りにしたいのが、交通事故の専門弁護士の存在です。

しかし弁護士を雇う場合、沢山のメリットも有りますがデメリットも有ります。
これから、そのポイントについてお話します。

弁護士を雇った場合、メリットとして様々な交渉や書類作成などの難しい案件を、全てお願いする事が出来ます。
また賠償金についても、妥当な金額で決着する事が可能です。

デメリットは雇用する際の費用になりますが、相場は相談料無料、着手金無料、成功報酬として
先方からの提示金からの増額分の10%となっています。
事務所によって金額は変わる事も有りますので、相談の際に確認しましょう。

依頼のタイミングをはかるのは素人には難しい事ですが、相談は無料という会社が多いので、
交通事故を起こしてしまった場合には早めに相談してみましょう。
人身事故の場合は特に、状況によって話が変わるなど混乱しがちになりますので、
早めに相談した方が良いようです。

保険の特約で弁護士特約がついている場合は、早めの対応が可能になりますので
利用する事をおすすめします。

死亡者が出るほどの大きな被害につながった交通事故の場合、被害者にせよ加害者にせよ
どちらも弁護士に依頼をするべきです。

まず被害者にとっては交通事故によって発生した被害を、逸失利益を求めた上で算出して
請求しなくてはなりませんから、弁護士の力が必要です。

特に自賠責保険の基準で出す、損害賠償額と裁判所の判例などに基づく
裁判所基準で出す損害賠償額にはかなりの差がありますから、可能な限り
裁判所基準による損害賠償請求を行うために、専門家の助けを得なくてはならないでしょう。

対して加害者も、自分が負うべき責任を明らかにするために弁護士の助言が必要です。
特に交通事故の内容にもよりますが死亡者が出たということになると
起訴される可能性も高くなってきますから、加害者側は裁判に備えて
弁護士の力を借りると言うことも必要になってきます。

交通事故は互いの感情ではなく法律によって裁かれるべき事件であるわけですから、
法律の専門家に依頼をすることは忘れないようにしましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち弁護士に相談したい事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは交通事故が起こったときです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち弁護士に相談したい事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは交通事故が起こったときです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。