2016年1月アーカイブ

神戸において交通事故が発生したときには、弁護士に対して、その刑事事件について処理を依頼することがあります。

そして、刑事事件については一定の期間に服することがあります。 すなわち、まず交通事故の被疑者については、逮捕されることがありますが、逮捕された後に、勾留されるまでは、72時間以内とされています。 勾留というのは、比較的長期間に及ぶ身柄拘束となることがありますので、勾留の前までに、弁護活動をする必要があります。

たとえば、弁護士が被害者との間で示談交渉をすることによって、勾留を防止することなどが考えられます。

また、交通事故に関する被疑者は、その後起訴されることがありますが、起訴されると、我が国では有罪の確率が99パーセント以上であるために、 起訴の前に起訴を免れさせるような弁護活動をする必要があります。たとえば、起訴の前に被害者との間で示談交渉をすることなどして、 検察官に対し事件性は薄いといった判断をさせることが考えられます。

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。